【画像付き解説】Visual Studio Code でJavaプロジェクトを作成する方法

VSCodeでJavaプロジェクトを作成する方法

本記事では、VSCodeでJavaプロジェクトを作成する方法を紹介します。

この記事を読むと

VSCodeでJavaアプリケーションの開発を始めることができます。

目次

Javaプロジェクトの作成手順

VSCodeが起動されている状態から、プロジェクトを作成する手順を説明していきます。

先に操作手順の一覧を以下に書いておきます。

操作手順
STEP
VSCodeのコマンドパレットを表示する。
  1. メニュー「表示」をクリックする。
  2. 「コマンドパレット」をクリックする。
STEP
Javaプロジェクトを作成する。
  1. コマンドパレットに「>java create」を入力する。
  2. 検索結果の一覧から「Java: Create Java Project…」 をクリックする。
  3. プロジェクトタイプで「No build tools」をクリックする。
  4. プロジェクトの作成場所を選択する。
  5. プロジェクトの名前を入力する。
  6. セキュリティのメッセージが表示されたら、「信頼する」をクリックする。
プロジェクト作成完了。

それでは、詳しく操作手順を説明していきます。

① VSCodeのコマンドパレットを表示する。

  1. 1. メニュー「表示」をクリックする。
  2. 2. 「コマンドパレット」をクリックする。
コマンドパレット表示
コマンドパレットを表示する

② Javaプロジェクトを作成する。

  1. 1. コマンドパレットに「>java create」を入力する。
     ⇒ 入力したコマンドが検索される。
  2. 2. 検索結果の一覧から「Java: Create Java Project…」 をクリックする。
JavaCreateコマンド選択
JavaCreateコマンド選択

  1. 3. プロジェクトタイプで「No build tools」をクリックする。
     ⇒ [フォルダー選択]画面が表示される。
  2. 4. プロジェクトの作成場所を選択する。
     ※この例では、「C:\develop」の中に作成しています。
プロジェクトタイプを選択
プロジェクトタイプを選択
プロジェクトフォルダー選択
プロジェクトフォルダー選択

  1. 5. プロジェクトの名前を入力する。
     ※この例では、「sample」という名前をつけました。
  2. 6. セキュリティのメッセージが表示されたら、「信頼する」をクリックする。
     ⇒ これでJavaプロジェクトが作成されました。
プロジェクト名を入力してセキュリティは信頼を選択
プロジェクト名を入力 → セキュリティは信頼を選択

作成されたJavaプロジェクト

プロジェクト作成完了
プロジェクト作成完了

以上でJavaプロジェクトが作成できました。

まとめ:Javaプログラムを作るためにプロジェクトを作成しよう!

VSCodeでJavaプロジェクトを作成する方法を解説しました。

これで、プロジェクト内にJavaのクラスファイルを作成して、コーディングできる準備が整いました。
どんどんプログラムを作成して、スキルアップしていきましょう!

プログラムの上達は、とにかく作ることが一番です。
あとは、自分の頭で考えてわからないことは調べて詳しい人に教わって得た知識を使って自分なりの方法を試してみることが大事ですね!

成長の実感が感じられるまでは苦しいですが、頑張っていきましょう!!


質問や相談がある方は、コメントを頂ければと思います。
みなさん本日も頑張りました。お疲れ様でした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SE歴16年。
システム開発会社で開発部長をしています。

【主な仕事内容】
 ・Webシステム開発
 ・新入社員育成
 ・社員採用

IT業界が好きで、プログラミングが好きです。
社内の新入社員育成に情熱を注いでいます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる